ベース弦のゲージ(太さ)の違いやそれぞれのメリット デメリット 【令和元年】全ベーシストにおすすめしたいベースブランド10選 ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデ … ベースの音作りをする時に、いきなりツマミを触って音を出すというようなことはしません。正しい手順を踏みながら少しずつ音の特徴を掴んでから、調整して音作りをしていきましょう。 ここでは、ベースの音作りの基礎となる手順について解説します。 カウントダウンジャパン1819の模様です。. バンドの音作りに悩んでる人とってかなり参考になる記事です。ベーシストだけでなく、ギタリストが読んでも参考になると思います。音作りするにあたって意識するべきポイントや考え方をまとめました。 dtmでベースの音作りをするときに目指すのは太い音だと思います。太さには説得力があります。ではどうすれば太いベースサウンドを作ることができるのか?この記事では「音の太さとは?」「太い音へのアプローチ方法」について説明しています。 「ベースのアレンジや音作りがわからない。ギターは曲作りで弾いてるから馴染みがあるし、ドラムは派手でわかりやすいから思いつく。でもベースってどうやってアレンジや音作りをすればいいんだろう。一番簡単な方法を教えてください。 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? じつはベース・サウンドの鍵を握ると言っても過言ではないのがdiなのだ。そこで今回は、ikuoに定番のモデルからマニアックなモデルまで、di ... 真空管搭載と2チャンネル仕様で太く多彩な音作り . 2009年にNUDE CABLEを開発。現場のベテランミュージシャンを中心に支持を受ける。, 2010年にドラムチューナーの的場誠也氏と共に高解像度モニタースピーカー「En’Bee」を開発。 (ネーミングはNICO Touches The Walls 光村龍哉氏), 現在もサウンドテクニシャン業務と同時に、若手ミュージシャンの育成、プロデュース、レコーディングアドバイス、技術指導など幅広く活動し、現在に至る。, 動画はペギ様(グッドモーニングアメリカ) ベースの音作りにおいて知っておいた方が良い知識を紹介します。 ベースアンプを壁から離す. なベースサウンドにトライしてみましょう!, 波動砲やカメハメ波なベースサウンドが出るようになったとき、バンドのアンサンブルもめちゃくちゃ変わります。, 決して「独りよがり」な音作りにならないように気をつけて、楽しいアンサンブルを目指して下さい! ・ミッドは時計の9時 日本放送協会(NHK) ・トレブルは12時, この時点で「低音が足りない」って感じることはほとんど無い筈です。 先日、エレキベースの音作りについて、さわりだけでも教えて欲しいと言われたので、僕なりのベースの音作りについて解説します。なぜ音作りするのか、どうやって音作りするのかの基礎はこれを読むだけでok。テーマは、初心者に向けた『今ある機材でより理想的な音を作る』です。 「あ、低音が足りない、減った!」って感じると思います。 [mixi]ベースの音作り研究所 芯のある音作り はじめまして。 最近、ライブでのベースの音作りに関して悩んでおります。 各ライブハウス、スタジオのベーアンによって全然音が変わってしまいます。 あそこのは低音ですぎてもこもこしすぎ、ここのは低音が全 写真は本文とはあんまり関係ありませんw 他)、星野慎介(和太鼓奏者)、おさむらいさん、さとうしゅうさく( アイラブユーベイビーズ、THE BLONDIE PLASTIC WAGON、GRAND FAMILY ORCHESTRA)、サーカス田中(雨ふらしカルテット)、たにうち みか、やちこ(Sjue)、諏訪 敬祐(Sjue)、今井貴雅(Sjue)、岡島俊治、今村浩二、澤田響紀(三味線奏者)Shin Kimura(Ninja Beats)、久次米真吾、前田竜希、ハタケン(RAZORS EDGE)、長谷川プリティ敬祐(go!go!vanillas)、柳沢 進太郎(go!go!vanillas)、是永 亮祐(ex.雨のパレード)、岩田 桃楠(三味線奏者)、springman(トリコンドル)、くめゆうすけ (トリコンドル、PAM)、金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)、たなしん(グッドモーニングアメリカ)、jotaro(ex FUNKIST、ex Migimimi sleep tight )、奥野翔太(WEAVER)佐久間雄大(ハシグチカナデリヤetc. と、いうわけで、まずはフィジカルの基本について解説してますこち... 【音楽人にとってのスーパーカブ】初めてのセルフREC、マイクはとりあえずSM57でやってみよう【セルフレコーディングのススメVol.5】, 【パンクとは”姿勢”である】ロンドン・コーリング〜The Clash【ロックの教科書】, ネック反り、鳴りや音抜けを改善します。お客様ご指定のスタジオでの施術以外に、発送での対応も可能です。. 音作りの例. ベースの音作りは、尽きることのない課題であります。プロでも、日々模索し続けているほど、奥が深く、音楽の醍醐味の一つです。, 特に、はじめたての初心者は、「ベースの音の作り方がわからない」という方は多いです。, この理由に、「何がいい音」で「何が悪い音」なのかかわからないということが挙げられます。これは、体感することでしか理解はできません。しかし、知識を得ることで「より早く確実に」進むことができます。, この記事では、ベースの音作りの知識とリハーサルスタジオでの音作りを解説していきます。, 例えば、アンプの種類によって全くキャラクターが変わります。また、ベース本体・弦・弾き方・部屋などといった様々な要素で音は変化します。, このように、ベースの音作りは様々な要素で成り立ち、好みがわかれるため正解はないです。, なぜなら、ベース単体で作った音が、他の楽器と合わせたときに、打ち消しあってしまうことが挙げられます。, 私の経験上、「ベース単体ではいい」のにバンドでは、「イマイチ」なんてことは多いです。逆に「ベース単体はイマイチ」でも「バンドではいい」なんてこともあります。, このように、単体の音作りとバンドでの音作りは違うので、そのギャップを埋める調整が必要になります。, 先程の「ベース単体」と「バンド」の音作りのギャップは、この周波数が関係してきます。周波数とは、1秒間に1回の振動を1Hz(ヘルツ)といいます。100Hzとは1秒間に100回の振動です。数が大きいほど高い音になり、小さければ低い音になります。, しかし、ベースの周波数帯域は広いです。そのため、他の楽器ともちろん被ります。そこで、どこの帯域を強調するかが重要です。, 例えば、ラジオは周波数を合わせて聴きます。その際に特定の周波数ごとに番組が分けられていますね。この構造をバンドに置き換える思考が大事になります。, ある程度の周波数の割り振りを意識することで、それぞれの楽器の音がよく聴こえ、バンド全体の音がまとまります。, プロのアーティストのライブは、非常に聞き取りやすいです。これは、このような理由です。, このように、ベース単体とバンドの音作りのギャップは、周波数が関係しています。しかし、理論では理解していても、非常にむずかしいです。なんとなく音の「立ち位置」を感じることが大事です。, なぜなら目指す指針がないと基準がわからないからです。そして、「どのような機材を使っているのか」という視点でも知識が増えてきます。, 私は、そのような基準を立てずに、音作りをしていました。すると、音が定まらずに長いこと模索を繰り返していました。今では、大きな遠回りをしてきたのだと実感しています。, このように、好きなアーティストの音を参考にすることによって、早く「音作り」の理解が深まります。, よく言われるのは、ベーシストは弾き方で音を表現するため「アンプ直でやるべきだ」という思考です。このアンプ直とは、ベースとアンプの間に、エフェクターを噛ませないことです。, なぜなら、弾き方はもちろん大事ですが、バンドにとって「いい音」が一番重要だからです。, アンプ直は、非常に潔くてその思考自体はカッコイイですが、こだわりすぎては「コア」の部分がずれてきてしまいます。, このように、アンプ直にこだわらずに、積極的に「いい音」を追い求めることが大事です。, バンドマスターとは、通称バンマスと呼ばれます。これは、バンド内での作曲者やリーダーのことで、様々な決定事項の判断を決める人のことです。, ここでは、リハーサルスタジオやライブの際に、音作りのバランスを判断する人を決めるということです。, なぜなら、客観的に聴く人がいないと、どうしても「自分の楽器のことに集中しすぎる」という事態になりがちだからです。, これは、多くの知識がある作曲者が適任です。また、コピーバンドをやっている方は、ボーカリストが適任だと思います。なぜなら、ボーカリストが「気持ちよく歌える」という状況が一番良いからです。, このように、バンドマスターを決めることで、客観的にバンド全体の音を聴くことができます。, アンプの電源を入れる前に、GAIN(ゲイン)とVOLUME(ボリューム)が0になってることを確認します。これは、他の人が戻してない可能性があるので注意が必要です。, なぜなら、アンプが壊れてしまう可能性が高いためです。そのため、マナーとして使ったら全て元に戻しましょう。電気機材なので、弁償になったら高額です。, このように、GAINとVOLUMEが0になってることを確認して、電源を入れるクセをつけましょう。, スリーバンドイコライザーとは。BASS(Low)・MIDDLE(MID)・TREBLEのつまみのことです。アンプによっては、もっと細かくLo-MId・Hi-Midなど分かれてる場合も多いです。この時点では、まだ音は出ませんが、これらを全て12時の位置にあげます。, この位置が「フラット」の音になるので、これを基準に、「足したり」「引いたり」していきます。この時に、つまみを右に回すと「足す」・左に回すと「引く」になります。, 私は、どのような変化があるのかよくわからなかったので、いろいろいじりましたが、「結局フラット」に落ち着くことが多かったです。, 次に、GAIN(ゲイン)とVOLUME(ボリューム)またはMASTER (マスター)をあげていきます。GAIN(ゲイン)とは、「歪み」の度合いを決めるものです。音量調節は、VOLUME(ボリューム)またはMASTER (マスター)です。, まずは、ゲインを少しあげ、弾きながらボリュームを調整します。この状態の音が、一番フラットな音色になります。, 次に、ゲインをあげていき、「歪み」の調整をしていきます。この際に、音量も上がっていくので、VOLUMEを下げながら調整していきます。, この時に、ピークランプというゲインの横についているランプが、点灯することがあります。私は長年、「アンプの故障の原因になる」という噂を信じていました。しかし、「歪みが強くなってますよ」という目安の意味合いなので、気にせずにいじってください。, このように、ゲインとボリュームを2つ上げます。そして、どういった効き方なのか把握して、バランスを定めていきます。, 歪みや音量がなんとなく決まってきたタイミングで、スリーバンドイコライザーを調整していきます。, ここからは、BASS(Low)→TREBLE→MIDDLE(MID)の順番で調整し、それぞれ解説していきます。, まずは、BASS(Low)の調整からします。ベースらしい音作りをする上で、低音は重要です。, よく「低音が回る」と表現します。これは、低音の性質上、音が消えにくく響き渡るためです。, ライブハウスやリハーサルスタジオで、低音が大きすぎることによって、文字通り部屋中を回り回って訳がわからないことになってしまいます。, このことから、低音を調整する際は、上げ過ぎには、注意が必要です。また、低音が出やすい楽器なので、下げめでも十分出てくれます。, これは、上げるにつれ「キンキンうるさい」事態になり、下げるにつれ、「つや感がない」音になります。, 私は、ベース特有の「アタック音」が好きで、そのニュアンスを左右するTREBLEは非常に大事だと感じています。, また、よく言われるドンシャリとは、ここを大幅にカットすることです。低音・高音を際立たせることによって、独特の音色にする方法です。, 基本的にベースは、あまり出過ぎた音にするのはおすすめできません。これは、メインメロディーを際立たせる意識が重要だからです。, このように、中音域は、音のコシや輪郭を出します。音色のキャラクターを決め上で重要です。, ここまである程度音色が決まったら、改めて、GAIN(ゲイン)の歪み具合を調整します。その後、VOLUME(ボリューム)をドラムに合わせて、音量を決めます。, その際に、ドラムに合わせすぎると、うるさくワケわからなくなってしまうので、ボーカルが歌いやすい程度に調整しましょう。, このように、GAIN(ゲイン)の歪み具合を調整し、ドラムに合わせてVOLUME(ボリューム)で音量調整をしましょう。, 低音の鳴りがどうしてもぼやけてしまう場合に、アンプを壁から離すことで、解消されます。, 私がこの症状があり、「壁から離すといいよ」と聞き、試したところ、「こんな変わるんだ」と驚きました。, 特に、ベースは目の前で聴くのと、離れて聴くのでは音の感じ方は変わります。そのため、周りが聞いている音色を把握する必要があります。, これは、先程の「離れて聴く」と同じ意味合いがありますが、かなりスキルアップにもつながります。, 私のバンドがよくやっていたのは、アンプはそのままで、ベースとギターの立ち位置を変える方法です。すると「こんな聴こえ方が変わるのか」と同時に「ギターはこんなことしてたのか」と新たな発見や、聴く視点が大きく変わりました。, 例えるなら、「自分のことは自分がよくわかってる」つもりでも「他人の方があなたのことをよくわかってる」ことがありますよね。また、「他人のことを知ることで、自分の幅が広がる」ように、大きく視点が変わります。, 「盲目」になっている部分をを変えることで、新たな発見につながります。非常におすすめです。, このように、ベースアンプの前に立たずに、立ち位置を変えることで、客観的に聴くことができます。そして、「新たな発見」により、スキルアップが見込めます。, ここまで、「ベースの音作りの知識」と「リハーサルスタジオでの音作りの手順」を解説してきました。, もちろん正解はないですが、みんなで合わせた時に、「聴きやすいこと」がいい音である条件です。, Copyright © 2021 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. /* ]]> */, アンプの種類によって全くキャラクターが変わります。また、ベース本体・弦・弾き方・部屋などといった様々な要素で音は変化します。. [CDATA[ */ アクティブベースをやめた理由「パッシブとアクティブのメリットデメリットで考える音作り」 | 実力を3倍カッコ良くみせるスラップベース奏法【無料講座配信中】 ベースの音作りで注意すべきポイント ケーブルの抜き差しはできるだけ電源を入れる前に済ませておき、やむを得ず抜き差しする場合はボリュームを0にして完全に音が出ないようにしてからが基本となりま … var wpcf7 = {"apiSettings":{"root":"https:\/\/bassist-bar.com\/wp-json\/contact-form-7\/v1","namespace":"contact-form-7\/v1"}}; ベースのレコーディングは一見シンプルなようですが、気をつけるべきポイントはたくさんあります。ダイレクトボックスやマイクなどの機材、EQやリミッターの設定、演奏、段取り、様々な観点から見てみましょう。 Contents目次… 続きを読む えー、実は私、スタジオを開いてから何故か「ベース教室の先生」もやってました。(本当はギター弾きなのに。。。。)→ 詳しくはこちらの記事をお読みください〜 ←ギター弾きなのに「ベース教室」なんかやっていたせいで、未だに私がベーシストだと勘違い... 相変わらず忙しいギター診療所。先日もツアー中の岡山のバンド「コンビニマンションテクニカラー」の土屋君と藤原君が、ツアーの合間にスタジオに遊びにいらして、結局3本も整体させて頂きました。ありがとうね!ツアーで東京にいらっしゃった際についでに、... ワイルドフラワースタジオでは(フラット弦を張った)’78年のプレベをレンタルしてます♪通称「プレベ」最近は以前より人気が出て来たみたいですね。ここ最近まで、どっちかって言うとずーっと「ジャズベ」の方が人気がありましたもんね。今でも同じ年式だ... 本日は六本木Super Deluxにて開催されたシーナ&ザ・ロケッツ35周年記念&シーナ様お誕生日ライブにお誘い頂きましたので、ドラムチューナーの的場さんとリハから参加させて頂きました。いや、もう凄い爆音なんですが、全然うるさくなくって先ず... さてバンド練習法シリーズ、今日はその3回目。 な音色を作ってみる遊びをしました。 というわけで、動画撮ってみた。超短いですけど。 【DTM】7.メタルギターの音作り【アンシミュだけでギター/ベースの音作り】 Djentっぽいサウンドを作ります Posted by Ippee on Wednesday, June 24, 2020 TOC. ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデル4選; ギターの音が出ない?!配線トラブルの傾向と対策; シムを使ったネック角度の調整方法をプロが教えます! ベース弦のゲージ(太さ)の違いやそれぞれのメリット デメリット 今回はベースのEQポイントをご紹介。 ベースはキック同様に楽曲の土台を担う重要なパート。 キックとの配置を考えながら安定した土台を構築できるように上手に処理してやりたい。 一方でギターやボーカ … ベースの音作りの豆知識. and more,,,,, 私が開発したヌードケーブルに、鮎川誠様はじめプロミュージシャンの方々からメッセージを頂きました。, 20代に幾多のブルース、ファンクバンドでギタリストとして活動後、2006年にワイルドフラワー・スタジオを設立。2015年5月に同スタジオを売却。, ギター、ベースサウンドテクニカルアドバイザーとして様々なバンドに対して、音作りを軸にした海外に通用するレアグルーヴを大切にした演奏指導に関わる。, その卓越したギターセットアップ技術により、様々なアーティストから「耳の付いた手を持つ男」と呼ばれる。 ベースで太い音作りをする6つの方法!! ベースのリズムパターンはドラムで決まる!エイトビート編! ベース初心者必見!!左手の押さえ方のコツ!! ベースの音作りをゴリゴリにする方法!! ベースのリズム感がある人の特徴3選! 音の出し方~イコライザー編~ アンプで音作りにお困りの方も多いと思いますが、これといった決まりがあるわけではないので、まずはアンプの各トーンコントロールの役割を把握した上で自分の好みのサウンドを探っていくのが良いでしょう。 Copyright © 2013 イケダ サウンドマジック! All Rights Reserved. プレベ(プレシジョンベース)の音作りのコツを紹介しています。周波帯やeqの設定、定番のエフェクターも掲載しているので、ベースの音作りの参考にして下さい。 ギター・マガジン 2018年2月号で特集されていた『歪みエフェクターバイヤーズガイド』、皆さんご覧になりましたか?たくさんのエフェクターが紹介されていて、ベーシストの自分でも楽しめる記事でした。その記事を読み進めるうちに、ふと思いました。 ピックアップの高さだけではなく、各部のバランスが悪い状態かもしれません。, 自分で調整して上手く行かない時は、リペアショップなど、プロの方に相談してみて下さい。 そんな時にはbassのつまみを塩を振るみたいに「クイッ」といれてみましょう。, 低音は冒頭で述べたような特殊な指向性の他に、人間の耳は音量が小さくなるほど低音が不足し、高音域も聞こえにくくなる傾向があります。, その事を踏まえ、大きな音量のトーンバランスを補正する感じでアンプの低音を足してあげて下さい。, これで音抜けが悪くってモコモコしていたら、楽器本体に問題があります。 というわけで今日はベースです。 今回は現場直伝! 定番ベースアンプampeg svt450を参考に、ベースアンプの基本セッティングについて解説します。 ベースの音作りはバンドにとって本当に大事です。 低い音って高い音に比べて真っ直ぐに飛ばない傾向があります。 (指向性といいます) 最近、ライブでのベースの音作りに関して悩んでおります。 各ライブハウス、スタジオのベーアンによって全然音が変わってしまいます。 あそこのは低音ですぎてもこもこしすぎ、ここのは低音が全 「ベースの音作り、意識していますか? 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ... さて、先日のドラム関連まとめに続いて、本日はベース演奏に関するおさらいをしてみたいと思います〜♪ 鮎川誠、奈良敏博、川嶋 一秀(シーナ&ロケッツ)、田村玄一(KIRINJI、Lonesome Strings、Little Tempo、Sunshine Love Steel Orchestra、etc)数原晋(トランペット奏者)、三原康可、穴井仁吉(Th eRockers,ザ・ルースターズ)、THE YELLOW MONKEY、カタル(ニューロティカ)、光村龍哉、古村大介、坂倉心悟、対馬祥太郎(NICO Touches the Walls)、桜井芳樹 (Lonesome Strings and more…)、青山陽一、堀込 高樹(KIRINJI)、有田純弘、長井”VAL”一郎(ARK STORM、GRANRODEO)、虎岩正樹、佐藤寛二、TAKUYA(ぐっさんサポートetc.)、川田義広(JACK BLUE、Sardine Head)オータコージ、千ヶ崎 学、弓木 英梨乃、コトリンゴ、高田雄一(ELLEGARDEN )、濱田織人、Woody moja(チャプマンスティック奏者)、叫(UCHUSENTAI:NOIZ)、MASATO(UCHUSENTAI:NOIZ)、呼太郎(UCHUSENTAI:NOIZ)、愁、弐(ex.ギルガメッシュ)、森田釣竿(漁港)、深海光一(漁港)、俺の別所(石橋勲バンド、Luv-Enders)、一ノ瀬雄太(快速東京)、辻村勇太(BLUE ENCOUNT)、山田淳平、手島大輔、白田路明(三味線奏者)、原さとし(バンジョー奏者)、高橋ちか、ヲタクファイター、長島涼平(The telephones)、小野雄一郎(Butterfly inthe stomach)、サカモトツカサ、燐(ex.Comezic)、山内かなえ、MAYU(The LEAPS)、永田貴樹(ex.椿屋四重奏)、望月速人 (COUNTRY YARD)、汐碇真也(Yap! 楽器本来の“すっぴん”とも言えるクリーントーン作りをないがしろにすると、いかに高価な機材を使ってもイマイチな音に…。本講座では、音作りの基礎である“クリーントーン”の作り方を徹底解説します! あんまり歪まないように気をつけてくださいね。 ※こちらの記事もご参照下さい。, 【ベース専用シールドケーブル】NUDE CABLE Type-Bは12ヶ月掛けて開発しました。. 低音の鳴りがどうしてもぼやけてしまう場合に、アンプを壁から離すことで、解消さ … 第二回は「ギタリストが音量のワガママを貫き通すワザ。」 (以下、敬称略) ただやみくもに低音をブーストさせてしまうと、ステージの中やスタジオの中にあなたの音が充満してしまい、「なんだか俺のドラムの音が聴こえづらい」「ギターが全く抜けない」という現象が発生します。, かといって小さ過ぎるとてコシが無くなりますので、気持ちいい所を探しながら調整しましょう。, なのでアンプで大きな音が出ていて、耳がキンキンと痛くない場合は充分な低音が出ていますのでご安心下さい。, 楽器本体のボリュームやピッキングでコントロール出来なくてアンプのマスターを下げる時、, 自分で調整して上手く行かない時は、リペアショップなど、プロの方に相談してみて下さい。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 【ベースの音作りで悩んだら?】悩んだらここから始めよう。【アンプのつまみはこんなのどう?】, 【プロの現場直伝】マーシャルアンプ、EQのコツ【JCM900etc.のセッティング】, 【レス・ポール等のセッティング】楽器が鳴ってきたらテールピースを上げてみましょう。, 【BOSS BD-2】ブルースドライバー、技クラフトと1995年製 初期ロット品を比較してみました。. まず紹介するのは、耳にすることも多い ドンシャリサウンド から。 ちなみに第一回は「歌の音量は最大ですか?」 … 今回音作りに使用していくsansampでは、v2になってから、ちなみに、今回の動画に映っているsansampは赤いですが、これは音作りをしていくにあたって、ベース・ミッド・トレブルを調整することでどんな変化が得られるのかをまずはお話していきます。 /*