このページでは、阪神淡路大震災で「辛く悲しい想い」をした被災者の体験談を2つ紹介します。今回ご紹介するのは、「命の大切さ」「人の儚さを思い知った」お話です。過去の災害からご自身の防災の備えの参考にしていただければ幸いです。, 阪神淡路大震災は、平成7年1月17日に明石海峡を震源とするM7.3の直下型大地震。 最大震度は淡路島の震度7。兵庫県を中心に、大阪府や京都府、神戸が甚大な被害を受けました。犠牲者は6,434人以上とも言われ、当時は戦後最大の大規模災害と呼ばれたほどです。, 都市部の直下型地震ということもあり、被害は甚大で、揺れや火災で全半壊した住宅は25万棟以上、当時は耐震基準が今よりも低かったことから、揺れによる家屋の倒壊で命を落とした人が多かったとされています。, この阪神淡路大震災後、被災者を救うため100万人以上の有志者が集い、たくさんのボランティア団体が設立されました。この災害後から、多くのボランティア団体が復興活動に参加するようになったため、阪神淡路大震災が発生した1995年は「ボランティア元年」と呼ばれています。, そんな大災害を経験した被災者の方たちが、貴重な体験談をお寄せくださいました。ただし、震災にトラウマのある方は、当時のことを思い出すかもしれません。ご注意願います。, 阪神・淡路大震災にあった20年前のことです。当たり前のことかもしれませんが、私は阪神淡路大震災を体験して「命の大切さ」と「死という重み」を感じました。そんな私の体験談をお聞きください。, テレビのニュースで、数々の子どもが被害にあう痛ましい事件を見る度に「なんでこんなことが起こるのか」と思ってきました。しかし、今思うと、やはりそれはどこか遠い所の話であり、画面の向こうで起こっている、実感の伴わない話だったのです。, ところが震災が起こり、当時教師をしていた小学校の校区はほとんど壊滅状態となりました。古い木造アパートや路地が連なる昔からの町は、数秒間の揺れでほとんどが瓦礫となってしまったのです。そのがれきに埋もれて逝ってしまった子ども達も大勢いました。, 私は教師ですが、去年まで自分のクラスで一緒に楽しく過ごしてい子どもたちが亡くなったと知り、呆然としました。, 中でも忘れることのできない出来事がありました。行方不明になり、なかなか見つからなかった子が、やっと掘り出されたという話を聞き、急いで運び込まれたお寺に向かいました。, すると、ふすまを外し、広間のようになった寺の隅で、早出で難を逃れた父親が、亡くなった子とお姉ちゃん、さらに自分の妻の遺体の枕元に、呆然と座っていたのです。, 3人とも、崩れたアパートから運ばれてきたばかりで、土やほこりで体中が汚れていました。子供の父親は濡れたタオルを持ち「痛かったやろう、苦しかったやろう」と泣きながら、三人の顔や手足の汚れを拭いてあげていたのです。それを見て何も声をかける事が出来ず、ただ手を合わせ、頭を下げて学校へ戻りました。, それで実感したことは「子どもだってあっという間に死んでしまうのだ、人間は年の順に死んでいくわけではないのだ」という当たり前の事実でした。, 自分の娘だって何かあれば明日にはいなくなってしまうかもしれない、そんな事実を目の当たりにさせられたのが、この阪神淡路大震災でした。それ以来、子どもたちがたとえ冗談であっても「死ね」という言葉を使う事に対して敏感すぎるほど敏感になり、時には我を忘れて起こるようにもなったと思います。, 「命の大切さ」という言葉をよく聞きます。しかしそれは、自分に降りかかってみないと本当には分からないことなのかもしれません。そんなことも考えさせられた20年間でした。, わたしは、20年前の阪神・淡路大震災の時、私は被害の大きかった地域にある、小学校の教師をしていました。そのときに、教え子が下敷きになってしまった辛い思い出があります。 震災体験後、同じような悲しい思いをする人がひとりでもいなくなるように、備えの大切さを伝えていきたいと思います。辛い思いでお話いただいて、ありがとうございました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 被災者であるわたしが「良いな」と思ったり、使ってみた人の口コミや評判が高かったりした防災グッズをジャンルごとに紹介. 携帯に届いたメール『ありがとう』――被災地での「霊体験」を初告白。. わたしも父親を亡くしているので、命の儚さはとても良くわかります。命が消えてしまうことがわかりながら、何もできない無力感ははかり知れないものがあります。しかし、亡くなる命もあれば、こんな状況の中で生まれる命や生きようとする命があるのも事実。 わたしは、自分が東日本大震災で被災するまで、防災の備えをしてきませんでした。しかし、実際に避難生活を送るうちに、事前の備えがいかに大事かということを思い知らされました。 震災を経験したことのある人と、震災を経験したことの … 東日本大震災後、被災地では「水たまりの中に目がいっぱいあった」「海の上をひとが歩いていた」「枕元に人が現れて遺体を見つけてほしいと言われた」などという怪奇現象体験談がしばしば語られた。特に東北の沿岸各地で少なくない数のタクシードライバーが幽霊をお客さんとして乗せたと証言した。 東日本大震災-写真家17人の 視点 篠山 紀信-[ほ か撮影] 朝日新聞出版 2011.9 369.31-ノエワ-2011 体験談ヹ写真集 66東日本大震災の人類学 テマヹガラ-編 人文書院 2013.3 369.31-ノエワ-2013 概説ヹ評論 67 東日本大震災と被災ヹ避難の生 活記録 東日本大震災体験記⑩ 被災地 窃盗団. 未曾有の大震災から今年で6年――。. 東日本大震災3年 「息子は精一杯やった」お年寄り助け津波にのまれた高校生 あふれる涙を拭っても、悲しみと後悔は消えない。 お年寄りの避難を助け、津波にのまれた福島県いわき市の高校2年、工藤盛人(もりと)さん=当時(17)=の両親は11日、同市豊間地区の追悼式で花を手向けた。 国内 社会 2017年3月10日掲載. 私の家族(震災から7年) 東日本大震災から7年が経過しました。 その経過の中で一番感じるこ. 「誰にも話せませんでした。. 集団で避難しようとして津波に襲われた方達も … この邂逅が、夫には生きていく心の支えになっているという。, ●青い玉になった父母からの言葉 当時、わたしが被災した地域は、木造のアパートや中小工場が多く、迷路のような路地が多い場所でした。たくさんの花が植えられていた我が校区、震災前はどれはキレイな地域だったのです。, しかし、震災後そこに佇んでいた大半の家がつぶれ、細い道に覆いかぶさった瓦礫は、その道さえもどこにあるのかわからなくしてしまったほどです。揺れがおさまった後、たくさんの人が学校の教室に避難してきました。避難所は、人で溢れかえりました。ところが、避難所は混乱するどころか、「優しさ」「思いやり」もあふれていたのです。, 下町独特の親密さがあったからでしょう。せまい場所を譲り合い、少ない食べ物を分け合い、助け合う姿がそこにはありました。また俗にいう「世話好きの近所のおばちゃん」が、何かと困った人の世話を焼いてくれていました。, それはまるで、教室の中のリーダー的存在というのでしょうか。もめごとの間に入って話を進めてくれたり、子ども達の安否を教師以上に正確に確かめてくれたりしてくれていました。有難いことです。, そんな中、訃報もありました。わたしの教え子が数名、家の下敷きになってしまったというのです。, わたしは、この悲しみを受け止めきれずにいました。子どもの葬式に出なければならないこと、この間まで自分のクラスでみんなと一緒に楽しく過ごしていた子たちが、もう二度と目を開けなくなってしまったことが、とても信じられませんでした。, 阪神淡路大震災は、1月に発生しましたが、3月になっても復旧のめどがなかなか立ちませんでした。何とか授業再開できたものの、学校が避難所でしたので、たくさんの人が生活をしている中で同居しながらの学校生活でした。, そんな中、ふと歩いていた廊下の窓際に、水の入ったガラスコップに活けられた野の花を見つけました。, それと、復興支援で送られたのでしょうか、貝に着物の生地を巻きつけて作ったかわいいお雛様が、手洗い場の台の上に飾られていました。避難生活で忘れていましたが、雛祭りの季節なんだなと思い出しました。, やがて玄関前のホールには、様々な伝言の貼られた掲示板や、無料で設置された緊急用の電話の横に、段飾りのお雛様が飾られました。自分の家が無くなり、明日の生活さえどうなるかわからないような生活の中で、ほんの小さな明るさを見つけ、そしていつも通りの生活を続けていこうとする人々の心がそこにはありました。, わたしは、避難所に飾られていた小さな野の花や古びた雛人形に「人間の強さ」を感じました。例えどんなに小さく、消えてしまいそうな苦しい絶望的な生活の中にあっても、人の心の中にある光は、決して消えないのだと思いました。, 貴重なお話ありがとうございました。 夫は目を醒ましたが、瞼を閉じても妻娘の姿は見え続け、泣きながら「おいで、おいで」と声をかけたという。その後も、夫が寝ているときに妻はあらわれ、『戻りたい』『いまは何もしてあげられないよ』『どこにも行かないよ』『待っている』と語りかけてきた。 行方不明の教え子が遺体で発見された . 東日本大震災から10年 今年3月で東日本大震災から10年となります。 マグニチュード9.0の揺れ、太平洋沿岸部に押し寄せた巨大な津波、そして原子力発電所の事故―。 災害関連死を含めると19. 2014年1月11日(土) 被災地の本当の話, 東日本大震災体験談 3.11, 東日本大震災, 被災地, 被災者 メディアなどではどちらかというと、被災地の秩序は保たれていたという報道が多かった気がしますが、その裏では色々と問題が起こっていました。 宮城県石巻市・日和大橋より望む(写真・新潮社)( 他の写真を見る ). Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 「誰にも話せませんでした。死んだ家族と“再会”したなんて……」  宮城県気仙沼市の女性は父の死を知り、安置所に駆けつけた。遺体の傍に付き添っていたとき、数多くの遺体の腹部からいくつもの「ピンポン玉のような大きさの青い玉」が浮かんでいた。「一人の遺体に青い玉は一つ」「たくさんあるんだから、お父さん、寂しくないね」と語りかけたという――。, ●亡き兄から届いたメール『ありがとう』 東日本大震災からもう九年以上経ってから、ふと思いついてかつて割と話題になった「震災後の不思議な話」というのを読んでみようか、と思いついて取り寄せてみました。 宇田川敬介さんというフリージャーナリストの方が書いた本のようです。 すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 落合博満が救った巨人と横浜の二人…他球団で“最後のひと花”を咲かせた「40代選手」, 【報じられなかった角界のタブー】往年の名大関「貴ノ浪」が命を落とした午前10時のラブホテル, 緊急事態宣言下、麻生側近議員が23時まで「イタメシ」と「銀座クラブ」をハシゴの証拠写真, 蓮舫「長男」がYouTubeで母親に決別宣言? 蓮舫にとってはとにかくタイミングが悪かった, 「LiSA」知られざる中学時代のヤンチャ話 カラオケで飲酒、自転車泥棒、深夜徘徊で補導, 英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由, 木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋, 満腹なのに食べ続けてしまうのは、心のサイン?――気づかないうちにはまる「エモーショナル・イーティング」とは, 「鬼滅」の次は「呪術廻戦」か アニメ・コミックスが世界で展開 フランスの読者「戦闘シーンやストーリーがめちゃくちゃいい」, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧は. カテゴリー: 社会 タグ: タクシー, 東日本大震災, 週刊アサヒ芸能 2016年 3/17号, 震災幽霊 この投稿のパーマリンク ← misonoが被害者? 中でも忘れることのできない出来事がありました。行方不明になり、なかなか見つからなかった子が、やっと掘り出されたという話を聞き、急いで運び込まれたお寺に向かいました。 すると、ふすまを外し、広間のようになった寺の隅で、早出で難を逃�  未曾有の大震災から今年で6年――。  岩手県陸前高田市で働く女性は、震災から数ヶ月後にようやく兄の遺体と対面した。その翌日のことである。女性は、市役所で兄の死亡届を書いていたとき、携帯電話にメールが届いた……一言だけ、「ありがとう」と。発信元は、信じられないことに、津波で亡くなった兄の携帯電話だった。しかし、それは「壊れて使えない状態」だった……。さらに、彼女の携帯に届いた兄のメールは生前のメールも含めてすべて消えてしまったのだった。彼女は、「兄なりのお別れの挨拶」として受け止めているという。, 海水に浸かった「息子」との写真。震災から2年後、息子の仏壇に声をかけた瞬間、息子が生前に好きだったおもちゃの車が突然動き出した……。(他の写真を見る), 宮城県石巻市で3歳の息子を失った母親の体験である。震災から2年後、息子の仏壇に声をかけた瞬間、息子が生前に好きだったおもちゃの車が突然動き出した……。スイッチの付いた電動式のおもちゃで、勝手に動くことはありえない。その後も、「もう一回、動かして見せて」と息子に願った瞬間、おもちゃはまた動いた……。そして、女性は息子を見ることになる。『ママ、笑って、笑って』と言っていた息子。『ママ、どうして怒ってるの』と変な顔をして母を笑わそうとする息子……。女性の胸中には、「ありがとう」「私も笑わなきゃだめだ、頑張らなきゃだめだ」という思いが去来したという――。, イチゴが好きだった3歳の孫娘。娘婿と孫娘を津波で喪った女性は、震災後3年目の夏、落ち着きを取り戻した中で、孫娘が夢にあらわれるようになる(他の写真を見る), 宮城県南三陸町で、娘婿と孫娘を津波で喪った女性は、震災後3年目の夏、落ち着きを取り戻した中で、孫娘が夢にあらわれるようになる。『イチゴが食べたい』『じゃがりこが食べたい』と生前好きだった食べ物について、女性に話しかけてきた……。  奥野氏が聞いた遺族たちの告白をいくつか紹介してみよう。, 男性は、妻と2歳にも満たない次女を津波で一度に喪った。「夜中に目が醒めると目の前に二人がいたんです。マスクをしてしゃがんだ妻に寄り添うように、娘が僕に手を振っていました」夫は目を醒ましたが、瞼を閉じても妻娘の姿は見え続け、泣きながら「おいで、おいで」と声をかけたという。(他の写真を見る), 宮城県亘理郡で被災したある男性は、妻と2歳にも満たない次女を津波で一度に喪った。震災から10日あまりで遺体が見つかり、やっと弔いの火葬ができた夜のことである。  被災地の遺族たちからは、不思議な体験談が聞こえてきた。, 速報平気でウソをつく松本純議員 クラブホステス同伴? まだある同席2議員の“問題写真”, 速報五輪中止報道の英紙記者 過去には「雅子妃は天皇皇后に敵意を持っている」報道で物議, 速報緊急事態宣言下、麻生側近議員が23時まで「イタメシ」と「銀座クラブ」をハシゴの証拠写真, 最愛の家族や愛しい人が大津波で逝き、絶望にまみれた日々を送ってきた遺族たち。その日常の中で、突然起きたのは「霊体験」としか表現できない“死者との再会”だった。その不思議な体験で、遺族たちの心は絶望から救われることになったという。, ノンフィクション作家の奥野修司氏は遺族たちを訪ね、〈今まで語れなかった。でも、どうしても伝えたい〉という、噴き出す思いを取材して歩いた。岩手や宮城など被災地に3年半以上も通い続け、「霊体験」のひとつひとつを丹念に何度も聞き続け、検証し、選び出し、記録してきた。その記録は『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』にまとめられた。 1万5854人もの死者を出した(3月5日現在)東日本大震災。ノンフィクション作家の石井光太氏(35才)は、震災から3日後の3月14日から約3か月にわたり、人口約3万8000人の岩手県釜石市を中心に被災地の遺体安置所を回った。 東日本大震災で、宮城県で被災したイラストレーターのアベナオミさんが2016年、熊本地震の直後にTwitterで公開した一枚の絵が話題になった。. 東日本大震災から数週間後、彼と奥さんの遺体が見つかりました。二人の遺体は近くで見つかったそうです。 防災訓練通りに行動して津波被害に. 「霊体験」とは遺族たちにとって、“奇跡と再生”につながる、“かけがえのない体験”だったことが、いま、明らかになった。, (※本記事は単行本『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』刊行当時のものになります), 平気でウソをつく松本純議員 クラブホステス同伴? まだある同席2議員の“問題写真”, デイリー新潮とは? | 広告掲載について | お問い合わせ | 著作権・リンクについてご購入について | 免責事項 | プライバシーポリシー | 運営:株式会社新潮社, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 2011年3月11日に起きた東日本大震災で福島県いわき市で被災した20代のsさん(当時中学1年生)の体験談をご紹介します。sさんは震災当日、中学校の卒業式のため午前中に学校が終わり、母親と兄と自宅で映画鑑賞をしていました。 遺族たちはこうして絶望から救われた. 729名 2011年3月11日(金)―…その日の朝は、夫を玄関で見送り、息子を保育園に送り届ける…そんな、いつもの朝でした。 宮城県在住、イラストレーターであるアベナオミがおくる被災当時の体験談と防災アイディアの数々。多くの反響を呼んだ全8回の連載を再公開! 死んだ家族と“再会”したなんて……」. そして、毎年3月11日が近づくと、なぜか、テントウムシが目の前に……孫娘は、『テントウムシになりたい』とよく夢を話していたのだ。テントウムシがあらわれるたびに、女性は、心がときめくという。, これらのケースは、奥野氏が聞き取った遺族たちの告白の一部である。 東日本大震災から間もなく6年。普段生活をしている中では忘れてしまいがちですが、少し規模の大きな地震がくる度、忘れてはいけない不思議な現象を思い出します。本当にあった自分の周りで起きた不思議な現象。それはこの巨大地震と関連しているのです。 「夜中に目が醒めると目の前に二人がいたんです。マスクをしてしゃがんだ妻に寄り添うように、娘が僕に手を振っていました」 突然、予想外の津波にのみこまれた人たち。濁流にもまれ、意識が遠のく中、彼らのどんな行動が生還へとつながったのか。絶体絶命の生死をわけた瞬間、無我夢中で下したさまざまな判断とは。 長引く避難生活における様々な判断(住宅再建) 住宅再建のための的確な判断とは 今回の西日本の洪水・土砂災害と東日本  奥野氏は、がん治療についての著作もあるなど、極めて科学的な視点をもつ作家で、幽霊は信じていない。だが「霊体験」に関心を持ったきっかけは、在宅緩和ケアのパイオニアとして宮城県で2000人以上を看取った医師(故人)を取材する過程のことだった。医療の現場で自身の患者の約4割が「お迎え」を体験することを知る、その医師は、奥野氏に「お迎えと同じだよ。きちんと聞き取りをしたほうがいい」「被災した人の2割が(霊を)見たという話もある」と、取材を薦めた。当初はためらった奥野氏だったが、その医師は、末期のがんで余命いくばくもなく、最後の言葉に背中を押され、「死者と生者の物語」を聞くという旅に出たのだった。, 度重なる聞き取りを行い、妄想や虚言を排した、実名で“告白”された「死者と生者の愛の物語」が、奥野氏の優しい筆致で伝えられる。